[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

受験生必見!短時間で学習効果をあげるコツを伝授。
努力と根性で長時間勉強するよりも『要領と集中』が成果につながる

いよいよ受験シーズンに突入し、受験勉強に勤しむ学生も多いことでしょう。本番まで限られた時間しかない今、勝負の鍵を握るのは“集中力”。短時間で学習効果をあげるだけでなく、試験で100%、ときにはそれ以上の力を発揮するためにも欠かせない要素と言えるでしょう。

近年、主に学習面において「集中力を高める方法論」として注目を浴びているのが“陰山メソッド”。公立小学校の教員時代に児童の基礎学力を大幅に底上した成果も評判を呼び、今やその手法は全国の小学校で採用されています。

陰山先生によれば、「長年様々な子どもたちを見ている中で、学習効果を押し上げる最大要因は“集中力”にほかならない」そうです。現在でも、いかに集中力を高めるか、いかに素早く集中させるかの効率的な方法を日々模索し、陰山メソッドをブラッシュアップしているということです。

「努力と根性で、長時間勉強するというのは学力向上のための正解とは言えません。要領を得ないまま、ダラダラと時間だけをかけても効果は期待できません。いちばん大切なのは、いかに集中して取り組めているかどうか。できる子ほど勉強時間は短く、学力が上がった子の親御さんからは『先生、うちの子、こんなに勉強しなくても大丈夫ですか?』と尋ねられるほどです」

そんな陰山メソッドの中でも有名なのが、100ます計算。四則演算を10行×10列の数字に沿って100個行い、そのタイムを毎回計るという反復学習の一種ですが、陰山先生は「これは計算力を高めるためではなく、集中力を高めるためのトレーニング」と断言します。100ます計算は正誤はもちろん、「解くスピード」に着目することで、自然と子どもたちが集中したくなる仕組みになっているそうです。

今回トロピカーナでは、陰山先生が監修する学習塾「陰山式スコーラ『考える子どもを育てる塾』」と通塾生の協力を得て、学習前に飲料を摂取することで計算を解くスピードに差が見られるかを検証実験しました。塾の授業でも採り入れられている“100ます計算”の結果は、果たしてどのように変わったのでしょうか?試験直前でも実践しやすい「集中力を高めるための陰山メソッド」とあわせ、受験生とその親御さん必見の情報が満載です!

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ