[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

「働き方改革」に影響を与える?
スピードや精度に差が出る“100%果汁”のチカラを検証

厚生労働省を中心に進められている基本政策、「働き方改革」。それぞれのニーズにあった、納得のいく働き方を実現しようとするこの取組みの軸の1つとして、長時間労働の解消があげられています。

効率よく、なるべく短時間で仕事を終わらせることは、男女問わず家庭生活とキャリア形成の両立を図る上で非常に大切と考えられます。法改正により時間外労働の上限規制が段階的に導入されつつある今、“生産性”は仕事に関わる能力の主軸としてさらに重要視されるでしょう。

そこでトロピカーナでは、100%果汁の摂取状況によって生産性がどのように変わるのか意識調査するとともに、杏林大学名誉教授・古賀良彦先生のご協力を得て「100%果汁(オレンジジュース)が脳の働きに与える影響」について実験を行い、果汁と生産性向上の関係について調査しました。

今回実施した調査と実験内容

①「果汁習慣の有無によって生産性が変わるか」に関する意識調査

朝、果汁を摂取する習慣のある人とない人各100人のフルタイムワーカーに意識調査を行い、仕事の生産性について比較しました。

②「果汁が生産性に関わる心理や脳機能にどのような変化をもたらすのか」を検証実験

杏林大学名誉教授・古賀良彦先生にご協力いただき、オレンジジュースと水を摂取した際の心理面および脳機能に与える影響を心理アンケートおよび前頭葉の脳血流量測定により比較検討しました。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ